mulberry

奈良県香芝市の英会話教室、ECCジュニア高山台教室の講師です。現在3歳児~高校生、はたまた大人の生徒さんまで、約50名の生徒とともに「将来使える英語」の習得に向けて、パワフルな講師が毎日腹式呼吸でレッスンを行っています!

記事一覧(240)

2019年 第1回英検®実施の件

 香芝市の英会話教室・ECCジュニア高山台教室は、英検®準会場に登録しています。 当教室では、(財)日本英語検定協会の準会場規定にしたがい、2019年度第1回英検®を下記の通り実施致します(2~5級)。  在籍生で受験を希望される方は4月の教室レターに掲載していますQRコードよりグーグルフォームにアクセスしていただき、お申し込み下さい。 一般の方で受験を希望される方は、ひとまずこちらより教室までお問い合せ下さい。 いずれも申込締切は5/7(火)とします。 尚、会場の収容人数が限られている為、定員に達し次第申込みを締め切らせて頂きます。また、受験者が10人に満たない場合は他教室との合同実施となる場合がありますのでご了承下さい。  試験日 : 2019年6月1日(土)  試験開始時間 : 4~5級 午前中、その他の級は午後からを予定 (詳細は別途受験者に連絡致します)  場所 : 当教室を予定   ※本会場受験として特約書店にて別途申込みを受け付けています(準会場とは検定料・会場・日程等が異なります)。  ※※本会場実施は6/2(日)、中学校等で5/31(金)、6/1(土)または6/2(日)に特別準会場として検定が行われる場合がありますが、同一級を重複して受験することは出来ませんのでご注意下さい。  ※※※三級以上の二次試験は、当教室で受験されたみなさんは7/7(日)、本会場のみでの実施となります。受験料については下記の通りです。

新学期スタート!高校生クラス

高校生クラスは今年も2クラス開講!高校生1年目は New Master Plan【L1】クラス、継続生に新規生もまざってわいわいスタートしました!少し難しいかなと思ったキャラクターに関するリスニング問題もほぼ答えることが出来ていたり、さらさらライティングドリルの英作文が出来るのは、これまで培ってきた英語力の分厚さだなぁと嬉しく見ていました。ディスカッションパートでは海外からの友達をつくりたいかどうかで立論。もちろん全員「作りたい」という意見だったのは言うまでもありませんが、理由はカブらないように!というとささっと手が上がり、皆即興で英語で答えてくれました!メモしてないのでうろ覚えですが 1)文化を学べるから 2)言葉を教えあえるから 3)その国々の行くべき場所を教えてもらえて旅行のときに役立つ 4)独自の料理をシェアできるというようなポイントを例も挙げて答えてくれていました。また、New Master Planの二年以降は【L2】クラスを受講、L1クラスでは文法項目ごとにカテゴライズして学習していくスタイルでしたが、L2になると話したい内容にフォーカスをあてて学習していきます。例えば初回のテーマは【経験】、自分がこれまでしてきた経験を話したり尋ねたりするときの表現を中心に学習をすすめます。また、ディスカッションの内容もよりディベートっぽいものになってくるので、初回は先日HPDUセミナーで教えていただいた「要約と立論」をやってみました。お題は, Printed books are better than e-bools.L2テキストのお題をよりディベートしやすく改変して行いました。Printed books are useful(え?逆じゃない!?と驚く私を尻目に)because we can use them without charging (充電しなくても使えるから便利!)おお、意外な点からはじまった!そこに私がいやいや、充電なんて簡単でしょ?モバイルバッテリーを持ち歩くのも、小さいしかるいし大変じゃないでしょ!と反論し、次に私のポイントを。紙の本は重いよね?たくさん持ち歩くの重いし持ち歩きたくない、と言ってみました。それに対する生徒の反論は、It's not important because we don't have a situation that we bring a lot of books.If we want to read a lot of books, we can read them at home.(そんなたくさんの本持ち歩くことなくない?家で読めばいいじゃない)(爆Printed books are better for our health, because they don't have blue light.(紙の本のが健康にいいよ、ブルーライトないし)なるほど!でもキンドルペーパーホワイトっていう専用端末ならブルーライトないよ!と現物を見せていかに目に楽かを体感してもらい、そして私の立論…なに言ったっけな、だんだんメモがいい加減に(爆とまぁこんな感じで4往復ほどのやりとり、おもしろーい!これには生徒も手応えを感じてくれたようなので、来週からもガンガンやっていきたいと思います!特に AREAを意識すること、反論の型にはめること、あと、バリューの場合は相手のハームを話すのもいいかもしれないけど、自分の側の利点をもっとガンガン押してほしいかな、すでに出来ていることもたくさんありますが、特に型についてはきびし~く徹底していきたいと思います!

英語ディベート・4月定例練習会のお知らせ

4月練習会のお知らせです。前回に引き続き奈良県高田市で開催します!  会場:奈良産業会館日程:4月14日(日)時間:10:00~12:00 定員36名 (HTのみ)    13:00~16:50 定員66名 (HT30名、生徒36名)参加費:ECCジュニア生 1,000円  ホームティーチャー 1,000円 また、初回参加でテキストをお持ちでない場合はご購入いただく必要があります。テキストはアマゾンでも事前に購入もできます(定価販売ですが)。また、高桑が一部在庫しておりまして、購入を希望される場合は1150円で購入できます。  ぼちぼちリピーターも出てくる頃かと思いますので、生徒本人がこれまでに参加経験があり、先生が参加出来なくても自分で現地にいって参加したい!という生徒さんがおられましたら、高校生に限り生徒さんだけで申し込んで頂いても大丈夫です。その場合も先生がとりまとめ、事前に振込をお願いします。  新中1についても参加を受け付けます。まずは母語でディベートとは、という練習をしながら、様子を見て可能であればラウンドも実施したいと思っています。

また、経験者とはじめての生徒の比率によって進行を考えていきたいと思いますが、初めてくる生徒さんには必ずディベートについての説明をするようにします。
 参加者のみなさんが「またディベートやってみたい!」「英語、もっとがんばろう!」と前を向くことのできる、生徒主体の練習会を作っていけるよう、みなさんのご協力が必要だと切に感じています。みなさんのふるってのご参加をお待ちしています!
 *練習会の様子を撮影し、facebookページなどで紹介させていただく場合がありますことをご了承下さい。問題がある場合は、教室講師を通じてご連絡ください。