関西ディベート練習会、キックオフしました!

お知らせしておりましたとおり、2018年12月9日、ECCジュニア生向け関西ディベート練習会、華々しくキックオフいたしました!

生徒は31名、ホームティーチャーは33名、ECCジュニアのスタッフも駆けつけ、活気あふれたキックオフとなりました!


生徒さんが来たのは午後からですが、ホームティーチャーのほとんどは午前から集合し、まずは有志ホームティーチャーによるモデルディベートと河野先生のジャッジを見て頂きました。ここで初めてディベートというものをご覧になったみなさんにとっては、なんじゃなんじゃ!?という感じだったかもしれません(笑

そしてその後ジャッジ実践によるレクチャーを受けました。ふむふむ!

さすが、オンラインディベートの宣伝も忘れない(笑


私的には見せていただいた河野先生のジャッジメモがめっちゃくちゃ参考になりました!オリジナルで自分で作っていたリフレクメモとほぼ一緒だったので内心大喜び。最近まで試行錯誤してああでもないこうでもないとやってきて、PDAに関してはこれでいけるな…と自分なりに納得した形だったので余計うれしくて。ペンの色わけのしかたがちょっと違ったのですが、なるほどそれもいいなと…今後パクり…いや、参考にしたいと思います!


また午後からは生徒たちが続々到着し、はじめてディベートに挑戦するみなさんのために、ディベートの効用や実際のルール説明などを行っていただきました。笑いあり、爆笑あり、大笑いありの笑いに溢れたレクチャー、圧巻でした!

そして早速ディベート実践、先生と生徒のミックスディベートで2ラウンドやりました!モーションは、

1)A robot dog is better than a real dog as a pet.

2)Cell phones do more harm than good for students.


わたしもジャッジ実践!

みんな本当に上手で、初めてとは思えないラウンド、どちらもしっかり説明できていたので判定に迷う熱戦でした!


出席確認、ロールの確認などのためみなさんの分作っていたネームタグ、自分のだけ作り忘れていたためにわたしのだけ手書きだったのは内緒だ(爆

PDA代表・中川さんからもジャッジへのフィードバックと全体へのご講評をいただきました。ありがとうございます!


たくさんのご協力の元、この3月にPDA大会を見て以来夢見てきた、ECCのジュニア生のためのディベート練習会をこの関西でキックオフできたこと、ほんっとに嬉しい!夜中になってもまだワクワクがとまらない!!


今後も引き続き、1/13、3/10、4/14、5/12と練習会は続きます!お申し込みはホームティーチャーのみなさんを経由して行っています。生徒さんを参加させたい!というホームティーチャーのみなさんは、まずはfacebookグループであるWe heart Debate 関西ディベート練習会に参加申請をしていただくのが話がはやいかなと思います。また、facebookページでも告知していきます。


ぜひこの大きな流れに、一人でも多くのみなさんが飲み込まれていってくれると嬉しいなと思っています♪


参加者の皆さんはそれぞれに自分のもてる力をふりしぼって参加してくれたことと思いますが、きっと「言いたいのに言えない」自分にもどかしさを感じた一日となったのではと思います。私がはじめてディベートに取り組んだときもそうでした。


迫りくる時間、えっ、もうやるの?やらないとだめなの?なにもまとまってないんですけど!と喋り始めたら案の定まとまりのないことしか言えず、打ちのめされました。 


でも出来なかったことは何も問題じゃない、最初から完璧に出来るなら何も練習やら鍛錬を積む必要はないんです。あとは上がるだけ、やればやるほど出来るようになっていきます!昨日は皆の前に立って型通りのセリフが言えたならもう満点、次回はそこに一つでも文を足せたら、なにか例をはさめたら、相手のいったことをちがいます!と否定できたら、なにか一つ新しい事ができたらもう満点、ぜひ今後もやってみてほしいなと心から思っています!

0コメント

  • 1000 / 1000